気まぐれなプードルですが、何か? 2015年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケア受けてきました!

SWの前日、MAKIさんケア受けてきました。

全体の状態は概ね良好で心配してた例の前歯の歯間も
「もしかしたら奥深くではポケットができているのかなぁ?といった感じ。
歯間の色が若干グレーに見えるけど…歯間の臭いはありません
肉眼では分からない」との事でした。
今やってるケアを継続してくださいとの事。

その他細かいところでは指摘がありました。

「右側の下の横歯裏側のケア不足。
しっかり拭き取るように。」

「右下一番奥の歯茎が所々赤くなっているので
ケアを重点的に。」

「右上の犬歯の内側、歯茎を動かすとほんの少しだけ開いてしまっているので
これ以上進んでポケットにならないよう境目をきちんと磨きましょう」

との事でした。

MAKIさんに今回言われたのが
弱っている部分には触りすぎない、力を入れない、歯と歯茎の際を磨く
歯茎にはできるだけ触れないを念頭に置く。
でした。

気になるとついつい触りたくなっちゃうんですけど
弱っている所は爪やピンセットの先等で歯茎には決して触らず
歯と歯茎のギリギリの際を磨くのが大事なんだそうです。
それだと拭き残しがあったりするので
仕上げににコットンつまみケアや洗い流しケアで汚れを
残さないようにしましょうとのアドバイスでした。

右奥の歯はコットンつまみケアが出来ないので
ピンセットにコットンを厚めに巻いてネバネバ唾液を
歯茎に直接触れないよう拭き取る、歯の部分だけを優しく
ポンポンと触れて拭き取るのを、朝のケアと乳酸菌ケアの時に実践しています。
なるべくネバネバを奥歯の付近に残さないような感じで。
右だけじゃなく左下や右上左上も同じように拭き取りしています。
スポンサーサイト
プロフィール

女飼い主

Author:女飼い主
主犬公:あにゃ
トイプードル(ブラウン)
2009年12月9日生(オス)
歯周病(抜歯歴有)
膝蓋骨脱臼グレード1
気管虚脱(の可能性有)
胃弱←New!

元々歯が弱い上にケア不足のため
5歳にして抜歯をする事になった
トイプードルの歯と健康の記録
極稀に日常も

写真はアップロードするのが
面倒くさいのとただの備忘録なので
殆どありません。

歯のケア方法はプロの指導の元で
行っています
歯のケアは個体ごとに違いますので
あくまでも参考でお願いします。

あにゃ何歳?
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。